バックナンバー(もっと見る)

vol.86

きうりさんの『超能力カメラマン内木2』〈群雛文庫〉より、「ひまわり」読んだ...

vol.85

きうりさんの『超能力カメラマン内木2』〈群雛文庫〉より、「奥羽根本線新町踏...

vol.84

『超能力カメラマン内木2』〈群雛文庫〉より、バカエルさんの表紙レビューだぉ...

合縁奇縁雛の群れ

vol.78

晴海まどかさんの『一小路真実は興味がない』〈群雛文庫〉より『白雪姫のための毒リンゴ(ジュース)事件』を読ませていただきました(/・ω・)/

2016年03月29日 17:08 by yaotomi_takeshima

晴海まどかさんの『一小路真実は興味がない』〈群雛文庫〉より『白雪姫のための毒リンゴ(ジュース)事件』を読んでから、見てね。

2作目。
モテるって、罪なのね。
いや、罪だ! 罪人だ! 死刑だ! ハァ、ハァ(゚Д゚;)
(男子目線での読中の感想)
っていうか、晴海さんの作品を読むたびに、自分の過去を後悔するのは私だけでしょうか・・・(*ノωノ)

相変わらずのテンポ。
今回は犯人捜しを盛り込んでの展開。

一旦、事件の真相が分かって「ははっ」となると思いきや、女子のコワさが展開されるという二段オチ。
コワい、コワい:;(∩´﹏`∩);: 女子コワい( ゚Д゚)

で、舞台上での出来事を三度目のオチで締め、明日の上演はどうなることかと読者にバトンを渡す。
読後の引っ張り感が残ります。

女性向けYAというジャンルだそうで
女子のための、女子によるラノベということで、
キャッキャッウフフなんでしょうね。

しかし、男子が読むと
「おい、おい。イチャイチャしてんじゃねぇぞ」
と、日本酒飲みながら、本に向かって愚痴をこぼしつつ読んでしまうのでしょう。
そして、読後、過去の自分の呪う・・・(-_-;)

だよね。あなたもそうでしょ?

この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

きうりさんの『超能力カメラマン内木2』〈群雛文庫〉より、「ひまわり」読ませていただきました(*^▽^*)

vol.86

きうりさんの『超能力カメラマン内木2』〈群雛文庫〉より、「奥羽根本線新町踏切」を読ませていただきました(*‘∀‘)

vol.85

にぽっくめいきんぐさんの『まんじゅうほしい』を読ませていただきました('◇')ゞ

vol.83

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

vol.86

きうりさんの『超能力カメラマン内木2』〈群雛文庫〉より、「ひまわり」読んだ...

vol.85

きうりさんの『超能力カメラマン内木2』〈群雛文庫〉より、「奥羽根本線新町踏...

vol.84

『超能力カメラマン内木2』〈群雛文庫〉より、バカエルさんの表紙レビューだぉ...