バックナンバー(もっと見る)

vol.86

きうりさんの『超能力カメラマン内木2』〈群雛文庫〉より、「ひまわり」読んだ...

vol.85

きうりさんの『超能力カメラマン内木2』〈群雛文庫〉より、「奥羽根本線新町踏...

vol.84

『超能力カメラマン内木2』〈群雛文庫〉より、バカエルさんの表紙レビューだぉ...

合縁奇縁雛の群れ

vol.67

鷹野編集長の『編集長コラム』レビュー(*‘∀‘)

2016年03月13日 13:05 by yaotomi_takeshima

知ってる。もう、群雛3月号も読み終わってるんでしょ。知ってます。
だって、やることいっぱいで読むの遅いんだもん( `ー´)ノ

ということで、鷹野編集長の〈編集長コラム〉
どんな情報も鵜呑みにしないこと』を読ませていただいました(/・ω・)/

今回は、発信側ではなく、受け手側の心得についてお伝えいただきました。

いや~、身に染みますよね。なんか「おっ?」と思う情報があると
ついつい飛びついて、人に話たくなりますもんね。
私の記憶の中で、ジャッキー・チェンなんて何回死んだことか・・・今のジャッキーは本物か? ってね。

マスコミ情報もね、オイオイってなる情報もありますよね。
一番笑ったのは、TBSの相模原爆発火災のニュースですかね。
なんか特ダネ欲しさが必死すぎて痛かった。

かといって、ネット情報が正確かっていったら、それもどうだか・・・

間違った情報が
ミスなのか、故意なのか、悪意あるものなのか・・・
ホントにこれからは、
もっと社会や経済が情報に振り回される時代がやってきそうですね。
もしかしら、たった1行の文が、倒産、殺人、戦争なんて事態を引き起こす可能性もあるわけですからね(ノД`)・゜・。
しっかりふんどしの帯を締めて向き合っていきましょう。

あとは、編集長が言っている通り、
ゴメンナサイが言えるって大事ですよね。

これはネット社会云々より
いつの時代でも、生きていく上で必要であり、若い人とたちに伝えていくべきことですよね。

匿名性を利用した攻撃的な情報を見ていると悲しくなりますからね。
まあ、相手にしないように
自分から排除するしかないですよね。

改めて、勉強になりました。

この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

鷹野編集長のショートコラム『SNSでの炎上と表現の自由』を読ませていただきました(^_-)-☆

vol.82

大西寿男さんの『セルフパブリッシングのための校正術』(第一回)を読ませていたたきました(*^▽^*)

vol.74

池田敬二さんの『「月刊群雛」への応援歌』を読ませていただいました。

vol.66

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

vol.86

きうりさんの『超能力カメラマン内木2』〈群雛文庫〉より、「ひまわり」読んだ...

vol.85

きうりさんの『超能力カメラマン内木2』〈群雛文庫〉より、「奥羽根本線新町踏...

vol.84

『超能力カメラマン内木2』〈群雛文庫〉より、バカエルさんの表紙レビューだぉ...